まずは寝室

普段就寝している部屋に設置します。
※ 来客時のみに使用する就寝の部屋は除きます。


次に階段

就寝に使用する部屋がある階の階段の踊り場の天井又は壁に設置します。
ただし1階などに容易に避難出来る階は除きます。

それ以外に

1つの階に7u(四畳半)以上の居室が5以上ある場合


取付位置

天井に取り付ける場合の説明図
天井に取り付ける場合
  住宅用火災警報器の感知部(煙が入る部分)の中心を壁面から60cm以上離して設置します。はりなどがある場合は、同じくはりから60cm以上離して設置します。
(理由:天井の角は煙が滞留しにくいため)
エアコンなどの吹き出し口付近に設置する場合の説明図
エアコンがある場合
  エアコンなどの吹き出し口がある場合は、吹き出し口から1.5m以上離して  設置します。

(理由: 吹き出した風で煙が流れ有効に感知できないことがあるため)
壁に取り付ける場合の説明図
壁に取り付ける場合
  住宅用火災警報器の感知部の中心が天井から15cmから50cm以内の位置になるように設置します。
(理由:天井の角は煙が滞留しにくいため)