住宅用火災警報器は、天井や壁に設置し、火災が発生した時に煙等を自動的に感知して警報音や音声で知らせる器具のことです。

火災を早く見つけるのが住宅用火災警報器の仕事


どんなタイプがある?

家庭用電源を使うタイプや電池タイプなどがあります。
電池タイプは天井や壁に取り付けます。

電池の寿命も約10年です。
取付後の定期点検等は必要ありません